転職

ホテルマンをやめたほうがいい?7つの衝撃的な理由

ホテル業界で働こうとしているあなた。

まずはこの動画を参照してください。

ここでは、日本のホテルマンの低賃金について話されています。

また、低賃金以外でも、

こんな悩みありませんか?

ホテルマンの悩み

  • 仕事とプライベートのバランスが取れない
  • キャリアパスに迷いがある
  • 低賃金で働くことに疑問を感じている
  • ストレスと疲労が溜まり、人間関係がうまくいかない

そのような方は、まず、この記事を読んでほしいです。

ホテルマンをやめた方がいい、7つの衝撃的な理由を解説します。

そして、もしかしたら、あなたのキャリアを劇的に変えるかもしれない、新しい選択肢もご紹介します。

これらの問題を解決するための答えが、この記事にあります。

ホテルマンのデメリットと向いている人・向いていない人

ホテルマンとは

ホテルマンとは、ホテル業界のプロフェッショナルであり、優れたホスピタリティとサービスを提供します。

主な役割は、お客様のニーズを理解し、最高のサービスを提供し、彼らの滞在を極めて快適にすることです。

チェックインからチェックアウトまで、ホテルマンは全てのプロセスを滑らかに進行させ、お客様に対する心からの配慮を体現します。

また、問題解決スキルを活用し、客室、レストラン、その他のサービスに関する問題を解決します。

彼らのプロフェッショナルさと細やかな心配りが、ホテル滞在を一層特別な体験へと高めています。

やめるべき理由の7つの特徴

そんなホテルマンですが、実際に働いてみると理想と現実とのギャップをヒシヒシ感じます。

そこでホテルマンをやめるべき衝撃的な理由7つについて、以降でお話ししていきます。

時間に縛られる仕事が多い

ホテル業界は、24時間体制のサービスを求められるため、ホテルマンは時間に非常に縛られることが多いです。

シフト制での勤務は、夜間、週末、祝日に働くことを含むことがあります。

これは個人の生活スタイル、家族との時間、健康、余暇活動に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、自分の時間を大切にしたい、家族や友人との時間を確保したい、健康を最優先に考えたい、という人々にとっては、ホテルマンとして働くことは大きな負担となるかもしれません。

ひこたろう

今のご時世、ライフワークバランス。非常に大事ですよね。。。

時間の拘束が長い職業は、ストレスや健康もそうですが、家族や友人関係まで壊れることもあるので注意が必要です。

ストレスが溜まりやすい

ホテルマンの仕事は、顧客の要求に応えることが必要なため、ストレスが溜まりやすい職業の一つです。

お客様の期待に応え、時にはその期待を超えるサービスを提供するという要求は、高度な精神的エネルギーを必要とします。

また、クレームや、問題が生じた場合の迅速な対応や解決策の提供も必要で、これは常に高い緊張感を保つことを求めます。

さらに、長時間労働や不規則なシフト、低給与などの問題が絡むと、ストレスはさらに増大します。

これらのストレスは、健康問題を引き起こす可能性があり、仕事と私生活のバランスを崩す可能性もあります。

したがって、ストレス耐性が低い、または自己管理とリラクゼーションの時間を重視する人々にとって、ホテルマンとしてのキャリアは困難なものとなり得ます。

システム化が進んでいる

ホテルマンの職業は、デジタル化やAIの進化によって、その役割が大きく変わる可能性があるという課題を抱えています。

特に、予約やチェックインのプロセス、客室サービスなどの一部業務はすでに自動化の波に押されています。

高度なAIチャットボットやロボットがフロントデスクでの業務を担う例は世界中のホテルで増えており、これによりホテルマンの役割が大きく変わることが予想されます。

また、オンラインチェックインやスマートキーによる部屋へのアクセスなど、テクノロジーが進化するにつれて客室への物理的な介入が少なくなっていきます。

これらのテクノロジーはホテル運営の効率化とコスト削減に寄与する一方で、ホテルマン自身の仕事の内容や必要性を変えてしまう可能性があります。

その結果、ホテルマンとしての職を続ける上での不安定性や将来性の不確実性は、この職業から離れるべき理由となり得ます。

給与が低い傾向がある

ホテル業界は、労働に対して給与が必ずしも相応ではないことが多いとされています。

入門レベルのホテルマンは、時には長時間労働を強いられながらも、その対価として比較的低い給与を得ることがあります。

ホテルマンの平均年収は353万円*と、他の職業と比べても低い方に位置します。

*引用:https://求人ボックス.com/ホテルスタッフの年収・時給

これは生活費の高い都市で働く場合、特に厳しく感じられることがあります。

また、ホテル業界は昇進の機会が限られており、給与が大幅に上がる可能性はそれほど多くはありません

これらの要素は、金銭的な安定を求めている人々にとっては、ホテルマンとしてのキャリアを再考させる重要な要因となり得ます。

したがって、より高い給与を望んでいる人々にとっては、ホテルマンをやめ、他のキャリアパスを探すことが適切な選択となるかもしれません。

長時間労働が一般的

ホテル業界では、忙しいシーズンや特別なイベントの際には、特に長時間労働が一般的です。

ホテルマンとして働く人々は、お客様に最高のサービスを提供するために、時には深夜まで働くこともあります。

このような環境は、ワークライフバランスを大切にしたい人々にとっては困難を伴うことがあります。

また、長時間労働は、肉体的、精神的ストレスを引き起こす可能性があり、健康や生活の質に影響を及ぼすこともあります。

したがって、自分の時間やプライベートな生活を大切にしたい人にとっては、ホテルマンとしてのキャリアは挑戦的なものとなるかもしれません。

人間関係が複雑

ホテルマンとして働くということは、多種多様な人々との日々の接触を伴います。

これにはお客様、同僚、上司、さまざまな部門のスタッフなどが含まれます。

これら全ての人々と円滑な関係を維持し、効果的にコミュニケーションを取る必要があります。

しかし、これは時として困難を伴うことがあります。

意見の対立、個々の性格の違い、ワークスタイルの不一致など、さまざまな要因から人間関係の摩擦が生じる可能性があります。

また、高いサービススタンダードを維持するためのプレッシャーや、競争的な環境も人間関係を複雑にする可能性があります。

このような複雑な人間関係はストレスの源となり、業務遂行を困難にすることがあります。

したがって、人間関係の問題を避けたい人々にとっては、ホテルマンのキャリアは困難なものとなるかもしれません。

キャリアアップの道が限られる

ホテルマンとしてのキャリアは、一般的には昇進の機会が限られています。

多くの場合、ホテル内での昇進は、フロントオフィスから管理職や専門職への移行を含む可能性がありますが、これらのポジションは数が限られているため、競争は激しいです。加えて、一部の職種では、さらなるスキルの習得や資格取得が求められることもあります。

したがって、効率的なキャリアアップを望んでいる人々にとっては、ホテルマンとしての職務は困難であると感じるかもしれません。

また、限られた昇進の機会は、給与上昇の可能性も限定するため、金銭的な観点から見ても、ホテルマンとしてのキャリアパスは他の職種と比較して制約があると言えます。

ひこたろう

支配人ポストにつければ、給与もよいですが、支配人ポストにつける人は、ごくわずか。

狭き門ですね。

ホテルマンに向いている人

ホテルマンに適している人は、ホスピタリティに対して強い情熱を持ち、他人のニーズを理解し、満たすことに喜びを感じる人々です。

彼らは、お客様に快適な体験を提供するために、常に細部に注意を払い、高い品質のサービスを提供することを目指します。

また、この業界では、問題解決能力優れたコミュニケーションスキルも不可欠です。

お客様の要望や苦情に対応し、適切な解決策を提供する能力は、成功するホテルマンにとって必要不可欠です。

その上、効率的な組織スキル時間管理能力も重要な特性です。

ホテルは一日24時間稼働し、ホテルマンはさまざまなタスクを同時にこなすことが求められます。

そのため、優先順位を設定し、効率的に作業を進める能力は重要です。

また、ストレス耐性も重要な要素です。ホテルマンは、高い客の期待、長時間労働、不規則なシフトなど、多大なストレスに直面することがあります。

これらの状況に適応し、プレッシャーの下でも高品質のサービスを提供できる人々は、ホテルマンとして成功する可能性が高いです。

そして最後に、多様性を尊重する能力も重要です。

ホテルマンは、さまざまな文化、国籍、背景を持つ人々との対話を通じて仕事を進めることがあります。

この多様性を理解し、尊重し、それに適応する能力は、国際的なホテルで働く際に特に重要となります。

したがって、これらの特性や能力を持つ人々は、ホテルマンとしてのキャリアにおいて成功する可能性が高いと言えます。

ホテルマンの仕事は確かに厳しく、要求が高いかもしれませんが、それに適応する能力を持つ人々にとっては、それは非常に満足のいくキャリアとなり得ます。

ホテルマンに向いていない人

ホテルマンの職務は、サービス業の一環として特定の能力を必要とします。

それ故、すべての人に適しているわけではありません。

例えば、人との直接的な対話、他人の要求に応えることが苦手な人にとっては、ホテルマンという職務は困難なものとなり得ます。

また、自己主導的であり、自分のペースで働きたいと考える人々にとっても、ホテルマンの職務は適合しない可能性があります。

さらに、ホテルマンは、不規則なシフトや長時間労働を伴うことがあります。

そのため、定期的な時間割や予測可能なスケジュールを好む人々、または家族や個人の趣味など、仕事以外の要素を優先したいと考える人々にとって、この仕事は挑戦的である可能性があります。

また、ホテルマンは、時には厳しい状況や厳格な規則に対応しなければならない場面があります。

プレッシャーに弱い、または独自の方法で物事を解決したいと考える人々にとっては、ホテルマンの役割は困難である可能性があります。

そして最後に、ホテルマンは多様な文化や背景を持つ人々との関係性を築く能力が求められます。

したがって、異なる視点や習慣に対する理解が欠如している、または新しい環境に適応するのが苦手な人々にとっては、ホテルマンとしてのキャリアは挑戦的なものとなる可能性があります。

以上の理由から、これらの性格や生活スタイルの特性を持つ人々にとっては、ホテルマンとしての職務は適していない可能性が高いと言えます。

理想と現実のギャップ

ホテルマンの職業は、しばしば豪華なホテルでのグラマラスなライフスタイルや、世界中から来るお客様とのエキゾチックな交流の場として描かれます。

しかし、紹介した通り、現実は厳格なスケジュール、長時間労働、そして時として高圧的な環境という、想像以上に厳しい面を伴います。

ホテルマンの口コミ

ここからは、実際にホテルマンで働いている方の口コミをご紹介します。

長時間労働・休日について

ひこたろう

皆さん、早朝勤務、長時間労働に耐えてますが、かなり辛いようですね。

人間関係について

ひこたろう

うーん。。。人間関係も複雑で、一度壊れると逃げ場が無いようです。

給与について

ひこたろう

給与も低く、労働に見合ってないと感じる方が多いようです。労働に見合った賃金が欲しい~。

キャリアについて

ひこたろう

ポストが限られており、競争が激しいようです。これだと、出世も時間がかかるかもしれませんね。。。。。

代替職業について

これまで、ホテルマンをやめた方が良い理由について、お話しました。

では、ホテルマンの代替職業としてどのようなものがあるのか、これから紹介していきます。

あなたのキャリアを劇的変える、改善できるかもしれないので、最後まで読んでいただけると幸いです。

代替職業の紹介

ホテルマンのスキルセットは、接客業以外の職種にも活かすことができます。

特に、プログラミングの知識がある場合、新たな職業の道が広がります。

今日はその中でも特におすすめの2つ、ソフトウェアエンジニア、Webデザイナーについて簡単に紹介します。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアとは、ソフトウェアの設計、開発、テスト、保守を行う専門家のことです。

この仕事は、

ソフトウェアエンジニアに必要な能力

  • 論理的思考と問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • 細部への注意力

が必要です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、ウェブサイトの視覚的要素を設計し、ユーザー体験を最適化する役割を果たします。

この職業では、

Webデザイナーに必要な能力

  • 論理的思考と問題解決能力
  • ユーザーのニーズを理解する能力
  • 美的センスと技術的スキル

が求められます。

代替職業が適している理由~ホテルマンの悩みを解決できる~

ホテルマンからキャリアチェンジを考える際、適切な代替職業を見つけることは重要です。

特に、ソフトウェアエンジニアとWebデザイナーは有望な選択肢と言えます。

これらの職業は、ホテルマンと比べると、労働時間の柔軟性、給与の高さ、やりがいと成長機会の多さという点で、優れています。

労働時間の柔軟性

ホテルマンは、不規則なシフトや長時間労働が一般的ですが、ソフトウェアエンジニアやWebデザイナーの場合、しばしばより柔軟な時間割りが可能です。

特に、リモートワークが普及している現代では、これらの職業は場所や時間に縛られずに働くことを可能にしています。

これは、ワークライフバランスを改善し、ホテルマン時代に比べるとストレスが軽減されることでしょう。

給与が高い傾向がある

一般的に、ソフトウェアエンジニアやWebデザイナーは、ホテルマンと比較して給与が高い傾向にあります。これは、特に都市部や高度な技術を必要とする業界では顕著です。給与の上昇は、生活の質を向上させ、経済的な安定を提供するのに役立ちます。

職業平均年収
ホテルスタッフ353万円*1
Webデザイナー470万円*2
ソフトウェアエンジニア546万円*3

*1:https://求人ボックス.com/ホテルスタッフの年収・時給 

*2:https://求人ボックス.com/Webデザイナーの年収・時給

*3:https://求人ボックス.com/ソフトウェアエンジニアの年収・時給

仕事のやりがいや成長機会が多い

ソフトウェアエンジニアは新しい技術の開発に関与し、Webデザイナーはユーザー体験の最適化に貢献します。

これらの職業は、具体的な成果を生み出すことで大きな満足感を提供します。

また、テクノロジーは常に進化しているため、学ぶべき新しいことが常にあります。

これは、個人的な成長とスキルの向上を促します。

また、専門的なスキルがつくと、まさに手に職で、失業など職を失う心配はありません。

代替職業が適している理由~ホテルマンのスキルが生かせる~

ホテルマンの経験やスキルセットを、これらの代替職業に、活かすことができます。

特に、コミュニケーション能力顧客志向の思考、そして細部への注意力は、ホテル業界で鍛えられた重要なスキルで、ソフトウェアエンジニアとWebデザイナーで活かせるスキルです。

ホテルマンのコミュニケーション能力を活かしたチームワーク

ソフトウェアエンジニアとしては、プロジェクトにおける効率的なコミュニケーションが重要です。

例えば、新しい機能の開発をチームと共有し、課題や解決策をディスカッションするシーンでは、ホテルマンとして培ったコミュニケーション能力が大いに活きます。

サービス業で培った顧客志向の考え方

Webデザイナーは、ユーザーがウェブサイトを使いやすく感じるデザインを考える必要があります。

ホテルマンとして顧客の立場に立ったサービスを提供してきた経験は、ユーザビリティに重点を置いたデザインを生み出すのに有用です。

ユーザーテストのフィードバックを基にサイトの改善を行う際にも、ユーザーの視点を忘れずにいられるのが大きな強みとなります。

細部への注意力

ソフトウェアエンジニアは、コードのエラーを見つけ、修正することが求められます。

一見すると全く関連がないように見える複数のコード行の間に存在する微妙なバグを見つけ出すのに、ホテルマンとして鍛えられた細部への注意力が役立ちます。

また、Webデザイナーとしては、使い勝手の良いUIをデザインするために、ユーザーの微細な行動や嗜好に注目することが求められます。



ITスキルを持つことの重要性

現代社会では、ITスキルはますます重要な資質となっています。

一部の職種だけでなく、あらゆる業界や職種において、ITスキルは業務効率化、問題解決、新たな価値創造に寄与するツールとなっています。

特にソフトウェアエンジニアやWebデザイナーなどのIT関連職種は、高い報酬とともに豊かなキャリアパスが開かれています。

ITスキルを習得することは、今後のキャリア形成において絶対的な有利をもたらします。

しかし、ITスキルを習得するにはどうすれば良いのでしょうか。

インターネットでの検索やSNSを活用して、独学することも可能ですが、私はプログラミングスクールをお勧めします。

理由は、ここでは詳しく記載しませんが、気になる方は、以下の記事をご覧ください。

プログラミングスクール

独学者のためのプログラミングスクール:6つのメリットと3つの選び方

独学でプログラミングに挑戦してるが、学習効率やモチベーション維持が難しいといった声を最近よく耳にします。 ブログやSNSにより、学習材料は揃っているが、知識が散在しており、知識を繋ぎ合わせるのにも苦労 ...

プログラミングスクールは、プロのエンジニア、デザイナーになるための技術を教える教育機関で、初心者でも短期間でプロフェッショナルレベルのスキルが身につくようなカリキュラムが組まれています。

以降では、参考程度に、私がおすすめするプログラミングスクールを2つご紹介します。

おすすめのプログラミングスクール①

まず初めに、DMM WEBCAMPです。



DMM WEBCAMPは、20代から30代の未経験者を対象としたプログラミングスクールで、ITエンジニアへの転職を本気で考えているあなたにピッタリの環境を提供します。

特に3つのコースが用意されており、それぞれのライフスタイルや学びたい内容に合わせて選ぶことができます。

1. 短期集中コース

短期集中でITエンジニアへの転職を目指す方におすすめのコースです。

最短3ヶ月で学び、未経験者でも現場で活躍するスキルを身につけることが可能です。

そして、何より心強いのが「転職保証制度」

万が一転職に成功できなければ、受講料を全額返金します(※条件あり)。

2. 専門技術コース

短期集中コースのカリキュラムに加え、AIやクラウドの学習も加わるこちらのコース。

より専門的な知識を深め、市場価値を高めることが可能です。

さらに、このコースは経済産業省の認定講座であり、条件を満たすと受講料の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。

3. 就業両立コース

現在働きながらでも学習を続けたい方、平日のみならず週末や夜間でも学びたい方に向けたフレキシブルなコースです。

このコースも転職保証制度があり、万が一転職できなければ受講料を全額返金します(※条件あり)。

DMM WEBCAMPのサポート

どのコースを選んでも、DMM WEBCAMPでは未経験者のためのカリキュラムと、現役エンジニアによるサポートがあります。

全ての学習はオンラインで完結し、チーム開発を通して現場に近い環境で学べるので、自宅からでも現場感を味わいながら学ぶことができます。

先得キャッシュバック制度

さらに、カウンセリング参加から5日以内にご契約いただくと、最大5万円をキャッシュバックする制度を実施しています。

DMM WEBCAMPは、ITエンジニアへの転職を本気で考えているあなたを全力でサポートしてくれます。

一歩を踏み出し、新たなキャリアパスを築いてみませんか?

まずは簡単な、無料相談から、初めてみてください

おすすめのプログラミングスクール②

次に、TechAcademy(テックアカデミー)をご紹介します。



TechAcademyは自宅で学べる便利なオンラインプログラミングスクールで、働きながらでも学習が可能な柔軟性を提供しています。

ホテルマンの皆さんのように忙しい日々を送っている方にとって、通学の必要がないこのスクールは理想的です。

TechAcademy人気のある初心者向けはじめての副業コースは、ホテルマンの皆さんがITスキルを習得する絶好の機会です。

9割以上の受講生が挫折せずに学んでいます。

何よりも、あなたが問題に直面したときにすぐに回答が得られるパーソナルメンターが付く点は、自分のペースで学びながらも必要なサポートを得られるという点で特筆すべきです。

また、TechAcademyは単に教育を提供するだけではありません。

転職支援や副業の仕事紹介といった後のキャリアパスにも対応しています。

テックアカデミー無料体験も提供されているので、ホテルマンの新たなキャリア選択肢として、まずは体験から始めてみるのも良いでしょう。

提供コースはWeb制作・システム開発からデータサイエンス・AI、アプリ開発、Webマーケティング、動画編集まで多岐に渡り、それぞれの興味や目標に応じて選択することができます。

これらのスキルは新たな職種への道を開くだけでなく、ホテルマンとしての仕事にも活かすことができます。

是非、テックアカデミー無料体験や、テックアカデミー無料メンター相談だけでも受けてみてください。無料ですぐに一歩踏み出せます。



最後に

本当に、職業によって、世界は全然違います

IT業界では、今人手不足が深刻化しており、労働者の方が立場としては強くなっています。

現に、リモートワークや、フレックスタイム制度が広がり労働者の働きやすい環境が、そこにあります。

また、働きやすいだけでなく、キャリアの裾野も広く、スキルや専門性を働きながら磨ける職場となっています。

もし、あなたが、自分の世界を変えたい、悩みを解決したいのであれば、今すぐ行動を起こしましょう

プログラミングスクールの無料体験や、無料のメンター相談だけでも良いと思います。

テックアカデミー無料体験や、テックアカデミー無料メンター相談が活用できます。

一歩踏み出さないと、何も変わらない、一歩踏み出して、違ったら、やめればよいです。

是非、プログラミングスクールでITスキルを身につけ、将来の自分を変えるチャンスをつかんでください

もし、独学で学習しようとしていたり、プログラミングスクールの選び方で悩んでいる場合は、以下の記事も参考にしてみてください。

プログラミングスクール

独学者のためのプログラミングスクール:6つのメリットと3つの選び方

独学でプログラミングに挑戦してるが、学習効率やモチベーション維持が難しいといった声を最近よく耳にします。 ブログやSNSにより、学習材料は揃っているが、知識が散在しており、知識を繋ぎ合わせるのにも苦労 ...

-転職
-, , , ,